2018.12.11

平成最後の「歳の印」を発表!その笑顔は「尾畠さん」

全国の有力印章業者の経営者団体である全国印章業経営者協会(略称:JS会)は12月11日、東京・渋谷のヨシモト∞ホールにて『歳の印』のお披露目をおこなう「捺印式」を実施した。歳の印とは、2018年を振りかえって一番印象の深かった出来事を絵柄として彫刻したハンコ。絵柄も彫刻もすべて一流のハンコ職人が手作業でおこない、文字だけにこだわらないハンコの楽しみ方と製作技術の凄さをアピールした。

捺印式には、立ち合い人として今年活躍したガリットチュウ、和牛、ジャルジャル、チョコレートプラネットの、4組のよしもと芸人を招待。その中から、「歳の印」を捺す栄えある「捺印人」に選ばれたのは、今年、独特のものまね芸で大ブレイクしたチョコレートプラネット。それぞれ、IKKOさん、和泉元彌さんのモノマネの扮装で登場して会場を沸かせた。

 

 

 

平成最後は悲惨な災害ではなく「尾畠さん」を選んだ

捺印式では、4組の芸人が2018年の「歳の印」モチーフとしてどんな絵柄が選ばれたかを予想。流行語となったカーリング日本代表の「そだねー」やサッカーワルドカップ・ロシア大会の「大迫ハンパねー」など様々な予想が出された。そして絵柄が伏せられたまま、チョコレートプラネットの2人が歳の印を色紙に捺印。色紙を会場に見せるとそこには36㎜角という小さな枠の中に、絆と書かれたヘルメットを持った鉢巻き姿のおじさんの笑顔が……。つまり、平成最後の「歳の印」はスーパーボランティアと呼ばれて話題となった尾畠春夫さん。
全国印章業経営者協会は「尾畠さん」を選んだ理由について、
「今年は、西日本豪雨や台風 24 号、北海道東部地震、大阪北部地震など、日本列島は大きな自然災害に見舞われました。しかし、そういった暗く悲しい 世相の中で、尾畠さんがボランティアとして活動されているお姿が報じられ、被災地のみならず日本中が元気づけられました。また、見返 りを求めず、明るく力強く生きておられる尾畠さんの人柄も多くの人々に感動を与えました。そもそもハンコは使い捨てではなく大切に永く保存されるもの。『歳の印』も、単にその年に起こったセンセーショナルなニュース や流行を取り上げるのではなく、日本人として忘れてはならないこと、後世に伝えるべき大切な心を刻みたいと思い、災害の中にあっても忘れてはならない『絆』、ともに助け合う『共助』の心を、尾畠さんの笑顔と共にハンコにしました」。

ハンコ職人の神業に思わず「スゲー!」

今年の「歳の印」は2人の若手印章作家が約2か月半の製作期間で作り上げた。「歳の印」のように、小さな印章に複雑な絵柄を彫刻するジャンルを「密刻(みっこく)」と呼びますが、これはハンコを彫刻する技術の中でも 高度な技能と熟練が必要だが、

デザイン(判下)を高知市の印章店(㈲三星堂)に勤める中野 美奈さん(27)が、彫刻を愛知県名古屋市の印章店(㈱清光堂)柴田 大次郎さん(33)がそれぞれ担当した。柴田さんは、国による一級印章彫刻技能士で、ハンコ 職人の腕前を競う「全国印章技術大競技会」(第 38 回 2012 年)の彫刻ゴム印・密刻の部で金賞を受賞する熟練のハンコ職人。繊細でありながら尾畠さんの人柄が伝わるような力強いタッチで彫り上げた。

製作に使用したハンコの材料は、国産の鹿児島県で伐採された薩摩本ツゲ(黄楊)を原材料として、佐賀県の印材加工工場で1本1本丁寧に作られた印材。大きさは36㎜角で、一般に会社の角印として使われることの多い21~24㎜角よりも一回り大きいサイズだが、それでもこの小さな方寸の世界に、これだけの絵柄を手作業で彫刻するのは神業とも言える。実際に捺印したチョコレートプラネットやジャルジャルら吉本芸人も、捺印後の印面を見て口々に「スゲー!」と、その神業に驚いていた。

 

芸人のキモイ顔ハンコで「もっと楽しんで」

捺印式では他にも、4組の芸人の顔写真をデジタル処理して彫刻したユニークなハンコも登場。キモリアルな味わいのハンコがモニターに大写しにされると、会場が沸いた。しかもそのハンコは、LEDライトで印影を投影して捺す位置を合わせられる画期的なハンコで、その名も「プロジェクタースタンプ」。顔ハンコはそれぞれの芸人にプレゼントされ、彼らは口々に「ぜひプライベートで使いたい」と好評だった。

ニュースに関連する記事

2019年6月20日
ニュース 結婚しても実印はそのまま? 旧姓の印鑑登録が可能に
2019年2月18日
ニュース ローランドDGがガーメントプリンターを発売!
2018年12月11日
ニュース 平成最後の「歳の印」を発表!その笑顔は「尾畠さん」
2018年7月11日
ニュース 象牙に関する手続き先が自然研に変更
2018年7月10日
ニュース 平成30年7月豪雨の被害にあわれた皆様へ
2018年7月3日
ニュース 押印見直す「デジタル・ガバメント計画」政府との意見交換会が決定
2018年6月20日
ニュース 改正・種の保存法に関するQ&A
2018年4月23日
ニュース オーダーグッズ業者同士が仕事をやりとりできるポータルサイト「つくる窓口」がオープン
2018年1月23日
ニュース 政府が「法人設立時の印鑑届出の廃止」を計画
2017年12月26日
ニュース 象牙業者の登録手数料3万3500円? 環境省がパブコメ募集中