2019.08.29

歴代天皇のお墓のハンコ「御陵印」を正しく取材しました~應神天皇陵編~

世界遺産に登録された「百舌鳥・古市古墳群」ってなに?

古墳とは、古代に土を高く盛り上げて作られた、有力者を埋葬する墓のことです。日本列島の各地に存在し、その多くは一定のエリアに群をなしています。それらは「古墳群」と呼ばれていますが、その中でも特に大規模な前方後円墳が集中している大古墳群が「百舌鳥・古市古墳群」です。

 百舌鳥・古市古墳群は、大阪府堺市に位置する「百舌鳥エリア」と、羽曳野市、藤井寺市に位置する「古市エリア」で構成されています。日本最大の前方後円墳「仁德天皇 百舌鳥耳原中陵(にんとくてんのう もずのみみはらのなかのみささぎ)」も、百舌鳥・古市古墳群を構成する古墳のひとつです。
 今回記者は、古市エリアに作られた日本で2番目に大きい前方後円墳「應神天皇 惠我藻伏崗陵(おうじんてんのう えがのもふしのおかのみささぎ)」を参拝し、参拝のしるしである「御陵印」をいただくため、同地を訪れました。

「應神天皇陵」への行き方

 應神天皇陵は、古市陵墓監区事務所が管理しており、同地に事務所を構えています。古市陵墓監区事務所は、大阪府を中心に和歌山県、兵庫県の淡路島、奈良県の一部および四国各県の1府7県に所在する陵墓を管理しています。
 應神天皇陵は、近鉄南大阪線「道明寺駅」から1・2㎞程のところにあります。駅を出て1分ほど南にいくと、広い道に出て、そこから西へ向かって歩きます。

15分ほど歩くと、應神天皇陵の入口が見えました。参道に入り、入口付近の手水舎で手を清め、そこからさらに歩くと、目の前に應神天皇陵が現れました。

古市陵墓監区事務所では「仁徳天皇陵」の印影も管理している

 應神天皇陵への参拝を終え、御陵印をいただきに事務所を訪れました。
 古市陵墓監区事務所では、應神天皇陵の御陵印の他、前述の第16代仁德天皇陵や仲哀天皇陵、履中天皇陵などの御陵印計17個を管理しています。
 古市陵墓監区事務所の職員によると、地元の人を含め應神天皇陵へ参拝に訪れる人は多いが、御陵印を求めてやってくる人は、1ヶ月に数人程度だそうです。
 ここからは、應神天皇陵の御陵印をはじめ、古市陵墓監区事務所で管理されている、様々な御陵印の印影を紹介します。

ハンコ&スタンプに関連する記事

2019年8月29日
ハンコ&スタンプ 歴代天皇のお墓のハンコ「御陵印」を正しく取材しました~應神天皇陵編~
2019年7月8日
ハンコ&スタンプ 歴代天皇のお墓のハンコ「御陵印」を正しく取材しました~明治天皇陵編~
2019年6月20日
ハンコ&スタンプ 結婚しても実印はそのまま? 旧姓の印鑑登録が可能に
2018年10月30日
ハンコ&スタンプ 来年7月以降は黒ゴム販売にご注意?
2018年7月3日
ハンコ&スタンプ 押印見直す「デジタル・ガバメント計画」政府との意見交換会が決定
2018年6月20日
ハンコ&スタンプ 改正・種の保存法に関するQ&A
2018年1月23日
ハンコ&スタンプ 政府が「法人設立時の印鑑届出の廃止」を計画
2017年12月26日
ハンコ&スタンプ 象牙業者の登録手数料3万3500円? 環境省がパブコメ募集中
2017年12月4日
ハンコ&スタンプ ハンコの材料「柘」は1文字で「つげ」と読む
2017年11月14日
ハンコ&スタンプ シーリングワックススタンプ=封蝋印の話